ホワイト歯科

鳴門市 の ホワイト歯科
(歯科,小児歯科,矯正歯科,歯科口腔外科)

 TEL 088-679-6405
徳島県鳴門市鳴門町高島字北386

求人情報

スタッフブログ

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

歯周病

歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。
初めは痛みがありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

【歯周病の原因】歯周病の原因は、むし歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。
プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりがあるとも言われています。

歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。
また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の予防のためには、日頃のブラッシングが重要です。しかし、どうしても歯と歯茎の隙間の深い部分に磨き残しができてしまい、それが歯石となって残っていきます。それを除去するためにも歯科医院での専門家による徹底した歯面清掃が必要となってきます。