ホワイト歯科

鳴門市 の ホワイト歯科
(歯科,小児歯科,矯正歯科,歯科口腔外科)

 TEL 088-679-6405
徳島県鳴門市鳴門町高島字北386

求人情報

スタッフブログ

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

診療案内

一般的な歯科診療

清潔感のある空間で患者様が気持ち良く治療を受けていただけるよう、院内全体の清掃や衛生管理を徹底して行います。



詳しくは一般的な歯科診療ページへ

 

小児歯科

子どもの歯(乳歯)は、大人の歯(永久歯)に比べてやわらかく、むし歯になりやすいものです。
また、乳歯も永久歯も、生えてきたばかりの歯は未成熟でむし歯になりやすく、その進行もとても早いのが特徴です。
そのため、子どものむし歯には注意が必要です。



詳しくは小児歯科ページへ

 

歯周病

厚生労働省の歯科疾患の調査によると、30歳以上の方は80%の人が歯周病にかかっていると言われています。歯周病は痛みなどの症状がないまま進行します。30歳を過ぎたら歯周病のチェックを受けましょう。



詳しくは歯周病ページへ

 

顎関節症

あごを動かす関節、筋肉、靱帯(じんたい)などに異常が見られ、あごを動かすと痛みがあり、関節部の雑音などの症状が起こります。
原因は不明な場合が多く、歯の噛み合わせの異常、外傷や歯の充填物の不適合、さらに精神的なストレスなどが考えられています。

20歳代の女性に多く見られます。
長い間放っておくと、頭痛や肩こりなどの症状が出てくる場合もあるので、原因を見つけ、取り除くようにします。

 

矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態、きれいな歯ならびにする歯科治療です。
しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて調整します。
不正咬合の主な症状は、出っ歯、受け口、開咬、乱ぐい歯、乳歯反対咬合などがあります。

 

予防歯科

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?
もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。



詳しくは予防歯科ページへ